インターネットの中にはホームぺージの基本を学べるサイトが多数ありますよ

ホームぺージの基本はHTMLとCSSを学ぶ事

ホームページを作る事は多くの人々に情報を伝えるチャンスです。

自ら作成したホームページをサーバーにアップロードすると、インターネットの中で公開が行われます。

インターネットは全世界に住む人々がアクセスを行うため、誰もが閲覧出来る魅力を持っています。

ホームぺージの基本は記述言語でもあるHTMLとCSSの2つ、HTMLはホームぺージの構造や形を作り出すための記述言語、CSSはデザインを作るための言語です。

HTMLやCSSの基本を学ぶ事がホームページ作りのスタート、HTMLやCSSはテキストエディターを使って記述が出来ます。

テキストエディターにHTMLを記述してみよう

HTMLはテキストエディターを使って記述が出来る言語です。

テキストエディターでHTMLを記述し終えた後は、ファイルを「html」形式で保存をします。

保存したHTMLはウェブブラウザにドラッグ&ドロップ、もしくはマウスの右ボタンでウェブブラウザで開くを選択してあげれば、自分で作成したホームぺージをウェブラウザで表示する事が出来ます。

ちなみに、ウェブブラウザに表示させたままにしておいて、テキストエディターでHTMLの内容を修正し、ウェブブラウザをアクティブにした状態でF5キー(更新)を実行すると、修正内容が反映されます。

色や文字サイズを変える時など、こうした方法で作業を進めるのがお勧めです。

HTMLやCSSなどの記述言語を学ぶためには、書籍を利用する方法があります。

基礎から学べる本があるので、本屋さんで探してみると良いでしょう。

また、インターネットの中にはHTMLやCSSを学ぶ事が出来る初心者向けのウェブサイトもあるので探してみましょう。

ホームページ制作では、デザイン面やコンテンツ内容などに様々な工夫を取り入れることが可能で、他のホームページと差別化を図れます。

ホームページ制作の実績を検索
ホームページ制作の見積もりで調べる