誰も守ってくれない!プライバシーを守るのは自分の心がけ次第!

プライバシーを守るために

プライバシーを守ることができるのは自分だけです。インターネット上で情報を公開していないとしても、不注意に捨ててしまうゴミの中からでも個人情報が出てくる可能性はあります。個人情報が出ないようにいつも気を付ける必要があるのです。個人情報が載っているような紙は裁断機にかけてから捨てるといいですし、パソコンを捨てるときにも情報を完全に消去してから手放します。どこからでもプライバーは漏れる可能性があると認識しておくことが大事です。

プライバシーを不用意に漏らさない

個人情報の電話番号やアドレスなどを何かに登録するときに書かされる時があります。ほとんどの場合は必要のないものですので、情報を書かないようにしましょう。電話番号を登録するだけで何かをもらえるというときもあります。電話番号はあとで売り買いの対象になるから、タダで何かをもらえるということになっているのです。そう考えるとどのように利用されるか分からない相手には、電話番号を教えることは控えた方が良いでしょう。

自分が公開しなければプライバシーは守れる

個人情報が出るのはほとんどの場合自分の不注意です。プライバシーを公開する相手を限定していれば、その相手から漏れるということはあまりありません。不特定多数にプライバシーを公開している状態にならないようにすることが大事です。住所や電話番号については守っているという人もアドレスなどには無頓着な場合もあります。アドレスも個人情報ですので、そこから情報をたどることができます。そのようなことも考慮して、プライバシーを守ることが大事です。

シュレッダーは郵便など個人情報が記載されたものを処分するのに欠かせない道具ですが、幼児が触れるのは危険なので届かない場所に保管するのが望ましいです。

シュレッダーのおすすめの更新情報