これからのストレスチェックシステム!自律神経バランスの乱れが数値で目に見えます!

ストレスは悪者!?それとも!

日常会話の中で頻繁に使われる「ストレス」。様々な社会生活の中で精神がすり減っていると感じた時、元凶のように口にされる「ストレス」。悪者のように思っていませんか?

「stress」とは「負荷」であり、それ自体には良いも悪いもありません。例えば筋トレでは重り等の「負荷」を筋肉に与えて筋肉を成長させます。また使命感や責任感も精神的な成長を促す「負荷」と言えます。

それではストレスが悪者となるのはどういう状況でしょうか?それは自律神経のバランスが崩れた状態です。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っており、交感神経は人間の身体の状態を「闘争状態」とも言える興奮状態にします。逆に休養を取る時には副交感神経を優位に働かせます。

しかし仕事、家事、育児等で休息が取れない状態では交感神経が過剰に働いています。副交感神経は主に腸等の内臓の機能を高める為、交感神経優位な状態では様々な不調が起きやすいと言えます。

ストレスを自律神経バランス測定器でチェック!

とは言え、自身の交感神経のバランスなど、なかなか気付けるものではありません。

特に社会生活に追われている状態では、毎日のタスクやスケジュールをこなすことで精一杯でしょう。

前述のように健康と自律神経は切っても切れない関係にあります。そのバランスを整える為には、現状を知るシステムが必要です。

体重を計るように交感神経と副交感神経のバランスが数値としてチェック出来るとしたらいかがでしょうか?最近では脈拍を元に自律神経のバランスを測定出来る機器が開発されています。「自律神経バランス測定機器」と言った検索ワードにより検索することが出来、医療機関等で取り入れられているものもあります。

ストレスチェック義務化により、システム導入を検討している企業が多いです。ストレスチェックシステムの見極めポイントとしては、「コスト」「チェック結果報告のはやさ」「簡易にチェックできるか」です。

管理会計システムを検索