水没させてしまっても焦らないで!

トイレで前かがみになった瞬間に胸ポケットから落としてしまうなど、ふとしたことで水没させてしまう事があるスマホですが、そんな時は慌てずに修理へ持ち込みましょう。気を付けたいところは、中から水を抜き出そうとして本体を振ってみたり逆さまにしてみたりと余計に動かさないことです。これは、水没していない部分にまで水を侵入させてしまい被害を広げてしまう恐れがあるので厳禁です。また、ドライヤーを使用して乾かすのもいけません。急激に熱を加えることで金属などが変化を起こし被害を広げる原因にもなるためです。電源を入れるのもダメです。万が一水没させてしまったらそのままの状態で修理業者へ持ち込みましょう。余計なことをすると更に被害を拡大してしまうだけです。

水没させたら治るの?

スマホを水没から復旧させるにはまず、現状のまま修理業者へ持ち込むのが一番です。基盤の水没具合や水没してから持ち込まれるまでの早さなどの要因によっては、復旧させる事が出来る可能性は十分にあります。そのためにも水没の被害を広げないように気を付けましょう。ただ、自分で対処できる部分もあります。例えば、microSDカードを抜く、開けられる部分を開けて中の水を出す、電池パックを取り出すなどです。早めにこうした対処をしておくことで復旧させられる可能性もアップします。でも、基盤が水によって腐食するため完全に治せるとは限らないので大切なデータを失わないためにもバックアップを取るなどして大切にしておくようにしましょう。

iPhone修理は専門業者へ依頼しましょう。複雑な精密機器ですので専門業者へ依頼すると対応をしてくれます。

関連サイト
iphoneの起動しないの更新情報