結構簡単にできる!ECサイト構築の仕方を紹介

ASPやパッケージが使える

ECサイトは商品を売る時に使えるサービスで実店舗と組み合わせることで売上アップが可能です。個人や法人で小規模なサイトを作る場合簡単に作成できるのも魅力の1つといえるでしょう。
ASPと呼ばれるサービスを使うのが良く、専用のアプリケーションサービスプロバイダ利用して初期費用を抑えられるのが特徴です。高くても数十万円程度なので一からECサイトを構築するよりも安価となっています。またパッケージを利用するといった手段もあるので必見です。基本的な機能が実装されているサイトを使い自分で自由に設定を行うとっいた仕様をしています。
デザインに自身がない人にもおすすめで既にデザインテンプレートが幾つかあるのが特徴です。ASPだと出来た状態で提供されますが、こちらはカスタム性があるので自身の感性を十分に活かすことができるのがメリットといえます。

オープンソースを使うメリットとは

専用の業者ではEC構築パッケージをオープンソースとして公開しているので必見です。基本的にダウンロードが無料で誰でも利用できるのがメリットとなっています。改変も自由に行えるためカスタマイズに優れているのも利点です。ASPサービスでは難しいオンライン予約に対応可能、カスタムオーダーもできるのでこだわりのECサイトを作りたい人に良いといえます。
またライセンス料が発生しないので構築費用を大幅に抑えられるのが特徴です。バグや障害に関しては自社での対応になるので専門スタッフがいるならおすすめのサービスとなっています。

ecサイトの構築とは、EC(エレクトリック・コマース、電子商取引)を行うウェブサイトの構築です。商品のショーケース・コンテンツや電子カタログで商品を紹介し、コンシューマーに購入してもらうものです。