ECサイトを構築方法紹介!パッケージを使ってみよう

ECパッケージとASPを知る

ECパッケージと呼ばれる商品があるのですが、これは大きく分けて4つのものが利用可能です。1つはECパッケージでもう1つはASP、残りはフルスクラッチとオープンソースとなっています。独自の特徴を持たせて運用フレームワークに乗せているのがECパッケージです。こちらは柔軟なカスタマイズをすることができる、デザインの自由度が高いので理想的なECサイトを作りやすいと言ったメリットを持ちます。

特定の期間内に発生するトラフィックの増減に耐久できるのも魅力です。ASPは月額課金制のレンタルサービスでクラウドASPを活用します。手間がかからないためすぐに開業できるのが強みです。自動的にセキュリティやバグ対応のアップデートをしてくれるのも特徴となっています。導入コストも安いため小規模なネットショップにおすすめです。

フルスクラッチとオープンソースの魅力を紹介

フルスクラッチは既存のプログラムを使用しないもので最初からサイトを構築していくのが特徴です。自身が想像することは能力やお金があればすべて実現できる、システムとの連携も自由自在、膨大なトラフィックにも対応できるのが魅力となっています。ある程度の技術力とお金のある方はフルスクラッチを利用してみるといいでしょう。

オープンソースは無償公開されているもので基本無料で使えるのがメリットです。技術力だけ求められるもので、自由度がかなり高く費用も安価となっています。バグは自社で対応しないといけないのでそれなりの人員が必要です。

通販を行う業者が行う作業は、大部分が共通しています。そこで、通販システムのパッケージを使用することにより、固有部分のカスタマイズのみで個別の通販業者の作業に適合させることができます。