スマートフォンWebサイトを作る際に考えるべきこと

まずサイトの運用形態から考える

スマートフォンWebサイトを作る際に、まず考えたいことは、そのサイトをどのように運用するかです。これによってサイトの形態が変わって来ます。

パソコンで閲覧した時とスマートフォンで閲覧した時に自動的にそれぞれのデバイスに合わせた形式で表示させたいなら「レスポンシブ・ウェブデザイン」を採用します。この方法なら1つのファイルを用意すれば、それぞれのデバイス向けのコンテンツを一度に作成・更新できるので運用が簡単です。

コンテンツの主な内容が動画や画像などで、パソコン用のページと共用するとスマートフォンなどモバイル端末からの閲覧者が重くて見辛いと思われる場合には、それぞれのデバイス向けのファイルを別々に用意して運用します。

モバイルサイトであることを意識してデザインする

スマートフォンは高機能になりましたがパソコンに比べて画面は小さく、通信環境によってはデータの受信が遅い場合があります。そのことを考慮してデザインしましょう。小さな画面なので読みにくくならないように、また文中のリンクがクリックしやすいように段落の分け方と間隔に注意します。画面に指をスライドさせてスクロールすることを考え、1ページに掲載する情報量が多すぎないようにすることも大切です。さらに、キャリアや機種、使っているブラウザの仕様によって表示されなかったりレイアウトが崩れたりすることのないように機種依存文字の使用などは避けるようにします。パソコン上でモバイル表示をシュミレートできるツールもあるので、公開する前に閲覧テストをしてみることも重要です。

スマートフォンサイト制作は少しHTMLを書くのが難しいですが、スマホユーザーは多いので積極的に行うべきです。